長崎瞬哉(詩人)

スポンサーリンク
長崎瞬哉(詩人)

川柳:地上

太陽の 下はパネルと なりにけり
長崎瞬哉(詩人)

俳句:落ち葉

沢蟹が 落ち葉のしたに これ如何に
長崎瞬哉(詩人)

川柳:洗濯干し

洗濯を 干せばお空は くもり顔
長崎瞬哉(詩人)

川柳:既製品

既製品自分に合った物はない 長崎瞬哉
長崎瞬哉(詩人)

俳句:柿の実

高すぎて 取れない柿を 鳥が食ふ
長崎瞬哉(詩人)

俳句:秋の花

朝顔が 秋はまだじゃと 云っている
長崎瞬哉(詩人)

俳句:台風前夜

台風が 来るとウキウキ 不謹慎
長崎瞬哉(詩人)

幻夢

機械が夢を見るのであれば 人も機械と言えるだろう
長崎瞬哉(詩人)

ショートショート:あしかせ

端末を操作しつつ周囲に気を配っていると、ちょうどブランコを勢いよく下りた少女と目が合った。 「あしかせ」 少女は私の方に向かってそう言った。
長崎瞬哉(詩人)

短歌:夕やけ

夕やけを 心に収め帰宅する 妻がはしゃいで ねえ見た?と言ふ
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました