2014年02月一覧

NO IMAGE

詩:携帯電話

携帯電話で 初めて話した人は 誰ですか? 上野の雑踏 携帯電話が世間に出始めた あの頃  キャンペーンガールが わたしに言ったのです

記事を読む

NO IMAGE

発達障害の人からすれば普通の人が発達障害かもしれない

多数決が全てである、ということを小学校時代くらいから教えられた。 しかし、だ。 多数決が正しいかどうかというのは、歴史が示す限りそうとも言えない。

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:本当の旅は二度目の旅/谷村新司

コンサートでのトークが上手である、という情報を少なからず知っていたが、それは本当だと感じたのは、「はじめに」の冒頭部分を読んだ時だ。 いつのまにかさまようことから少しずつ離れ始めてしまう。でも心ではいつも放浪していたいと願っている。 読んだ瞬間、彼の「昴」という名曲が思い浮かんだ。

記事を読む

NO IMAGE

冷やし中華とTwitter

「Twitter始めました」 最近は、公共機関でもお堅い大学でも、あるいは銀行でもよく目にする言葉だ。 それを見ると夏が来た事を告げる定食屋さんの 「冷やし中華始めました」 を連想してしまうのは、わたしだけだろうか。

記事を読む

NO IMAGE

重い荷物

階段を上がっている老人が重い荷物をもって大変そうにしているとき、手伝おうかと思うのだけれども、余計なお世話かと思い辞めてしまう時がある。内心誰かがするだろう、などと少し期待もしている。

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:三国志/三田村伸行

三国志は長編小説だし、登場人物が多くて読んでいる最中に誰が誰だか忘れてしまう、などというわたしのような三国志初心者は、これくらいが丁度良い。

記事を読む

NO IMAGE

自由律句:未来

都会の雑踏で 道に迷っておろおろしている老夫婦を見て かわいそうだと思ったのは 私の未来

記事を読む

NO IMAGE

「わが家では」という法律

わが家では、家族の誕生日にケーキを作るというしきたり(?)がある。

記事を読む

NO IMAGE

わたしの中の携帯電話の話

東京の神田で働いていた1990年代後半、わたしは企業に電話機を売る仕事をしていた。 一般家庭向きの電話ではなく、企業向けに何回線も利用出来る電話機を売るのだ。 ちょうど携帯電話が一般庶民にも出回り始めた頃で、わたしも何台か携帯電話を売った。 当時携帯電話機は1台15万円もした。

記事を読む

NO IMAGE

パソコンは道具である

仕事柄「パソコン」について教えることが多い。 わたしは学生に<strong>「パソコンは道具である」</strong>というしごく当たり前の話を、よくする。 ねじ回しのドライバー、木を切るのこぎり、料理に使う包丁のようにパソコンも道具として考えてください、という話をする。

記事を読む

NO IMAGE

あたりまえの句:人生

生まれたよ 成長したよ 死んじゃうよ

記事を読む

NO IMAGE

子を持って知る、自分の歴史

わたしは小学校時代「疲れた」とすぐに言ってしまう口ぐせがあった。 どんな時に使うかと言うと、親に手伝いなどやらされそうになったときなどに「疲れたぁ」などと言うのだ。要するに面倒なことから遠ざかるために「疲れた」を連発していた。

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク