詩:忘れた記憶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


人生の航路を踏み出してからの君は、もしかすると誰からも祝福されることがないかもしれない。
どうせ私なんて、と考える日もあるだろう。

しかし、
人は少なくとも一回は、大勢の人に祝福される。
それは、生まれたときだ。

君は、祝福されこの世に生をうけた。
然るに、君には、そのときの記憶がない。

長崎瞬哉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*