2016年 10月 の投稿一覧

本の感想:待ってよ

待ってよ
蜂須賀 敬明(著)

待ってよ

本書の表紙絵は、『待ってよ』というタイトルと合わさったとき、不安な感情を抱かせる。
不安な感じ」は、物語の冒頭から始まって、最後の最後まで続く。
読み終えた時に、「不安な感じ」だったものは、自分自身が人生に対して感じていたものだったのではないか、と思った。

続きを読む

2016年9月のメモ

私は運良く、この世に生を受けた事に感謝し、自分なりに納得して生きる事が、御先祖様に一番の供養になると思っています。

伯母からの手紙

続きを読む