老人

スポンサーリンク
長崎瞬哉(詩人)

少しの時間

壁の落書きにこうあった 若者はいつの時代も時間を無駄に過ごし 老人はいつの時代もそれを憂う わたしはどちらも経験したのでそれが分かる 長崎瞬哉
言葉

2019年1月の本のメモ

 なにが老人の日なものかとボクは思った。現代はまさに実権を掌中におさめた横暴の「老人の時代」じゃないか。  五十五歳で会社を定年退職。あとはさびしい孤独な老人!(お望みとあらば、養老院じゃ受け入れてくれることになっている!)というのは、見...
言葉

2015年9月のメモ

およそ聞きにくく、見苦しいのは、老人が若い人の中にまじって、興味を惹こうとしてものを言っていること。 徒然草「見苦しいこと」より
言葉

2014年3月のメモ

年齢だけちょっと多めの元気な若者 = 老人 都築響一
そういう気持ち

重い荷物

階段を上がっている老人が重い荷物をもって大変そうにしているとき、手伝おうかと思うのだけれども、余計なお世話かと思い辞めてしまう時がある。内心誰かがするだろう、などと少し期待もしている。 そういった場合、大抵は自分の中でどこか踏ん切りが...
長崎瞬哉(詩人)

詩:人生の失敗

あるところに 失敗をしたことのない若者がいた これから失敗すればいいだろう
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました