2013年10月一覧

NO IMAGE

星を見て人生の短さを想う

星空を見上げるとき、その光が何万光年以上も宇宙を旅してきたことを理科の時間に習ったことを思い出す。 星の光に比べると、人の一生は、なんと短いことか。

記事を読む

NO IMAGE

うざい人に感謝

自分にとって煩わしかったり、小うるさく行動を叱ってくれる人の存在に感謝するのはいつか。

記事を読む

NO IMAGE

言葉は自分に返ってくる

「もっと失敗したほうがいい」とか「挑戦して損することはない」、「分からなくても考え続けることが大事だ」などなど。

記事を読む

あみんの「待つわ」がこわい半面

「待つわ」の歌詞がこわいと感じる半面、実は<待つ>ことって大事なんじゃないかなとも思う。

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:銀河鉄道の彼方に

銀河鉄道の夜を彷彿とさせるタイトルで、4cm程あるかなり分厚い本だ。 へんな話の寄せ集め、と言ってしまえばそれまでだ。それくらい<へんな世界>がこの本には登場する。

記事を読む

NO IMAGE

考えたことの9割は実現できない

わたしの場合、考えたことの9割は実現できない。 世の中には、考えたことをサッと実現できる人もいるのでしょうけど、そんな次元にはわたし自身は程遠い。 でも...と思うのは、やってみて実現出来ないからまたやるんだと思う。

記事を読む

NO IMAGE

人の生き方で感動することは多い

自分の生き方で感動したためしはない。 しかし、人の生き方を目の当たりにして感動することは多い。

記事を読む

NO IMAGE

言葉と責任

「大往生したけりゃ医療とかかわるな」という本を父に贈ったことがある。 そのとき父は癌だった。</strong> わたしは良心から本を贈ったつもりだったのだが、わたしのしたことは「人の気も知らないで」ということに他ならなかったようだ。

記事を読む

NO IMAGE

楽しい夢

夢をみたことは憶えている。 楽しかったという感情も残っている。ところが、どんな夢をみたのか?と聞かれると全く思い出せない。

記事を読む

NO IMAGE

人間社会は擬態している/仮面ライダーカブト

水嶋ヒロが演じた「仮面ライダーカブト」というテレビ番組があった。悪に立ち向かう仮面ライダーカブトに対し、人間に<擬態>(ぎたい)したワームと呼ばれる地球外生命体が敵として登場した。

記事を読む

NO IMAGE

本の大きさについて

本を千冊持ち歩いてもかさばらない電子書籍は、それ相当の価値がある。 ただ、百科事典を読もうが、小説や絵本を読もうが、同じ端末を使って読む限りは手触りは同じだ。 わたしは紙の本のデメリットである「物理的な本の大きさ」というものにこそ価値がある、と思う。

記事を読む

NO IMAGE

短歌:酒

さびしさに 我を忘れよと、酒を呑み

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク