2012年 9月 の投稿一覧

本の感想:川原の石ころ図鑑

北は北海道から南は沖縄まで日本全国58の川を訪れ、著者の渡辺一夫さんが採取し足で調べた「石ころ」の図鑑だ。
川原の石ころ図鑑
渡辺一夫(著)
川原の石ころ図鑑
近くを流れる那珂川(茨城県)の川原でいくつか面白い石を拾った。
普段なら気づかずに通り過ぎてしまうが、石ころを拾ったあとだけに目について読んでみた本だ。

続きを読む

人の成長について

人の成長を見守ることは、自分自身を試されているような気がしてしょうがない。
わたしも妻もイライラしていた。
朝食のみそ汁を二日つづけて子供がこぼしたたからだ。
座布団は濡れた。
直前までわたしの子供達二人はふざけて食事をしていたので、かなり叱った。

続きを読む

Twitterをはじめたけど、何をつぶやいてよいか分からないときの使い方

わたしを含め、「Twitterをはじめたけど、何をつぶやいてよいか分からないときの使い方」を知りたい人にこの記事を送る。
わたしは新しいもの好きなのでTwitterが初期のころにアカウントをとって使ってみた。
しかしどうも何をつぶやいていいのか分からない。
つぶやき強者をみると「トイレ中なう」とか「たこ焼きうまっ!」とか逐一自分の人生をつぶやいていた。
わたしにとってこれらは大して知りたい情報ではなかったので、Twitterは自分には向かない!と思い、すぐにやめてしまった。

続きを読む

カセットテープのデッキがついている代車



アメリカで買ったマスタングのギアが入らなくなったので修理に出した。
クラッチを交換しなければならないらしい。クラッチは消耗品とのこと。
代車はホンダのロゴだった。
このロゴには今はなきカセットテープのデッキがついている。

続きを読む

本の感想:アミダサマ/沼田まほかる

ホラー小説というジャンルに分けられているが、わたしはこの沼田まほかるという小説家が描く作品は、人間なら誰しも持っている「誰にも伝えたくない心の闇」を扱っていると思う。
なにか人間のみたくない暗い部分をリアルにみせつけられる。そして引き込まれていく。
アミダサマ
沼田まほかる(著)
アミダサマ
「沼田まほかる」という著者が気になっていた。
書店で、『ユリゴコロ』という題名の小説を立ち読みしたことがあり、その時からだ。
50代でホラーサスペンス大賞を受賞してデビューしたという著者は異色の経歴を持つ。

続きを読む

ドラえもんの衝撃

はじめて買った漫画本は、『ドラえもん』の第8巻だった。
今でも憶えている。それだけ『ドラえもん』が衝撃的だったということだ。
ドラえもん (8) (てんとう虫コミックス)

続きを読む

本を読む速さ

わたしは、本を読む速度がおそい。
色々な人と本を読む速さを比べたことがあるわけではないが、遅いほうだと思う。
いつだったか妻とわたしで同じ本を読んだとき、わたしより妻の方が速かった。
何度か同じセンテンスを繰り返し読んでいるときがある。ときどき本の内容に触発されて行動をおこしていることもあるから遅いのかもしれない。
もちろん、たいした行動ではないが。

続きを読む