学生

人は自らしたことを忘れる

提出物を忘れたり、期日を守れない学生がいる。
簡単に「忘れました」とか「すいません」などと言う。その実、同じことはまた繰り返される。授業中に寝ている学生は、大抵同じ連中である。 続きを読む

親と教師の欠点

毎日子どもと接している親や教師は、一見子供たちのことを良く知っているようにみえるが、余程「気づく」人でない限り、子どもの成長に鈍感だ。 続きを読む

「贈った言葉」と「贈りたかった言葉」

海援隊の『贈る言葉』という歌がある。
いい歌だと思うし、当時の情景も思い出させてくれるわたしの好きな歌だ。
人は歌を聴くとき、自分の中で思い思いに勝手な情景をこしらえて聴いている。 続きを読む

言葉は自分に返ってくる

「もっと失敗したほうがいい」とか「挑戦して損することはない」「分からなくても考え続けることが大事だ」などなど。
仕事柄、学生を前に「こうしたらいいよ」とアドバイスしたり、時に熱く語ったりするときがある。

続きを読む