パソコン

パソコンは道具である

2014-02-16 at 10.48.52
【写真/2014年2月16日 カニのハサミも道具である – アクアワールド茨城県大洗水族館】

仕事柄「パソコン」について教えることが多い。
わたしは学生に「パソコンは道具である」というしごく当たり前の話を、よくする。
ねじ回しのドライバー、木を切るのこぎり、料理に使う包丁のようにパソコンも道具として考えてください、という話をする。 続きを読む

視力が落ちない理由

どんなに綺麗な映像をパソコンやテレビで見ていても、心は癒されない。
ところが、自然の風景や動物たちを見ていると、心が癒される。

続きを読む

「オンライン」のその先

オンラインゲームには近づかない

一人で画面に向かってゲームを行うものをあえて「オフラインゲーム」と呼ぶとすると、昨今は、MMORPGがはやりだ。
MMORPGは、日本語にすると「大規模多人数同時参加型オンラインRPG」などと訳される。一般にオンラインゲームと呼ばれるものがこれだ。

続きを読む

目の健康のために

パソコンを毎日使う仕事をしている。
目が疲れると体全体に症状があらわれるので、最近は目の健康のことばかり考えている。

続きを読む

それを使って何を作るか?

小中学校の先生、特別支援学校(旧称:養護学校)の先生方との交流会があり、なぜかわたしは専門学校から一校招かれた。
そこでわたしは「道具としてのパソコン」という話をした。

続きを読む

パソコンとそのリスク

パソコンに重大な被害を与えるコンピュータウイルス。
わたしも職場で一度だけ学生のパソコンがコンピュータウイルスに感染したことがある。
すぐに対処したため被害はなかったが、実際に目の当たりにすると少し怖くなる。

続きを読む

電子機器について考えたこと

My PC
【わたしのパソコン=フライパンよりは使えない】

世の中でフライパンとスマートフォンではどちらが必要か?と問われれば、迷わず<フライパン>とわたしなら答えると思う。

続きを読む

双方向という名の幻想

2013-05-03 at 13.26.12
【写真/2013年5月3日 13時26分12秒のタンポポ】

一見、双方向にコミュニケーションをとっているようでそうでもない。
機械における双方向は現実だが、人間における双方向は幻想だ。

続きを読む

コンピュータ生活の反動

パソコンを毎日使っている。
仕事するときも家にいるときも。
時々その反動で、外に出て太陽の光を浴びたくなる。風や花や土のにおいを身体に感じて、走ったりする。何事もバランスが大事なのだ。
コンピュータ生活の反動は一日のうちに何度もわたしのもとにやってきて、外に出ろ、木を見ろ、風を感じろとうるさい。
グーグルマップを使うと、世界中の地図が手に取るように分かる。自分のいる場所から目的地までのナビゲーションまでしてくれる。
パソコンに表示された自分のいる場所。パソコンに表示されるそれは、今自分のいる場所ではない。