面白かった本(その他)

本の感想:99.9%は仮説

99.9%は仮説
思いこみで判断しないための考え方
竹内 薫(著)

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)

「飛行機が飛ぶしくみは、まだわかっていない」という冒頭の言葉に驚きを禁じ得ない。
わかってないけど飛んでる」のが、飛行機なのだそうだ。(空飛ぶジェット機がちょっと怖い)
本書は、普段あたりまえに感じている科学技術固定観念を「ぶっこわし」てくれる良書だ。

続きを読む

本の感想:「なんでシュートしないんだ!」では子どもは育たない

「なんでシュートしないんだ!」では子どもは育たない
宮澤ミシェル(著)

「なんでシュートしないんだ!」では子供は育たない

2014年ブラジルW杯日本代表の1勝2敗という結果に対して「メディアや解説者、指導者がシステムを重視しすぎるせいで、選手が頭でっかちになっている」という分析は今の日本人全体に響いてくる。昔なら普通にいたであろう「自分で考えて、自分で行動できる子供」が育っていないのだ。 続きを読む

本の感想:本当の旅は二度目の旅/谷村新司

本当の旅は二度目の旅

谷村新司(著)

コンサートでのトークが上手である、という情報を少なからず知っていたが、それは本当だと感じたのは、「はじめに」の冒頭部分を読んだ時だ。

いつのまにかさまようことから少しずつ離れ始めてしまう。でも心ではいつも放浪していたいと願っている。

読んだ瞬間、彼の「昴」という名曲が思い浮かんだ。 続きを読む

本の感想:ドラッグなんていらない

ドラッグなんていらない
出会ってしまう前のきみに伝えたいこと
水谷修(著)

ドラッグなんていらない ―出会ってしまう前の君に伝えたいこと―

本書を読んで、「知識が無いことは、犯罪でもある」という言葉を思い出した。

「夜回り先生」こと水谷修さんの文でつづられた絵本だ。
絵本とは言え、文章が多い。文章が多いわけは、真剣につづられた内容によるものだ。
わたしが一番に驚いたのは、この本が小学生向けに書かれたものだからである。

続きを読む

本の感想:ハーフサイズカメラ遊楽

ハーフサイズカメラ遊楽
飯田鉄/良心堂(著)

ハーフサイズカメラ遊楽 (エイ文庫)

オリンパスペンやキャノンデミ、リコーオートハーフ。今となっては中古のカメラ屋さんでしか手に入らないかわいいハーフサイズカメラ達をカラー写真付きで紹介した本。

続きを読む

本の感想:コンピュータが仕事を奪う

コンピュータが仕事を奪う
新井紀子(著)

コンピュータが仕事を奪う

「技術によって生活の場所を奪われて初めて人々はその意味に気づくのです」

わたしたちが、今まで奪われてきた仕事についての冒頭の言葉が印象的だ。

続きを読む

本の感想:enchant.js スマートフォンゲーム開発講座

enchant.js スマートフォンゲーム開発講座 PRO対応
(SMART GAME DEVELOPER)
phi(著)

enchant.js スマートフォンゲーム開発講座 PRO対応 (SMART GAME DEVELOPER)

個人的には、シンプルなタッチゲームとして紹介されているゴキブリが動き回るゲームが気に入った。
これを使って授業をしようと思う。
ランダムに虫のような動きまわる方法は参考になった。他のゲームにも応用ができる。

続きを読む