2014年 11月 の投稿一覧

諸行無常とりんご狩り

何年かぶりに恩師のS先生に会った。
相変わらずお元気そうで、一般教養を学生に教えているとのことだった。
わたしがS先生に教えて頂いていた当時(S先生はわたしの上司でもあった)は、「倫理学」という授業を先生は受け持っていた。 続きを読む

本の感想:希望の海へ

希望の海へ
マイケル・モーパーゴ(著)

希望の海へ

かつて戦争があった。
もちろん、今現在戦争中の国もたくさんある。そんな国や地域の人が「かつて…」と言った時、『希望の海へ』のような小説がまた生まれるのだろうか。
マイケル・モーパーゴの小説『希望の海へ』は、イギリスからオーストラリアへ戦争孤児として海を渡った少年の二世代に渡る物語だ。 続きを読む

川柳:夜


目が覚めて
夜だと気づき
また寝たよ

長崎瞬哉

2014年10月のメモ

“人の一生は時々気まぐれを起こす身体にふりまわされる”

何でも子どもに隠しておける時期なんて意外に短いものなの。

火曜日の手紙/エレーヌグレミヨン

続きを読む