2014年 4月 の投稿一覧

太陽に向く

2012-06-29 at 05.49.01
【写真/2012年6月29日 5時49分 太陽に向くアサガオ】

2011年3月の震災後から、ソーラーパネルのある光景に出くわすことが多くなった。
わたしの住む田舎は特に耕作していない畑や企業の遊んでいる土地などが多いためか、車を運転していても、電車に乗っていても必ず一つくらいはソーラーパネル畑に出くわす。時には、設置工事中だったりと盛んに増設されている。 続きを読む

5km圏内の致死率は1%という奇跡

「俺が今おるのは奇跡みたいなもんよ」

と原爆後に生まれた伯父は言った。
伯父にしてもそうだが、わたしだって父が原爆の被害者になっていたなら、この世にはいまい。そう考えるとわたしの息子や娘だって。今の自分たちがあるのは奇跡と言える。 続きを読む

俳句:花

2014-04-27 at 17.47.05


満開の
花咲き誇る
空き家かな


空き家にも花は咲く - 長崎瞬哉

現代病と生存率

元消防団員のT氏に聞いた話になるほどと思った。
アトピー性皮膚炎の人が、世の中には多いねえ、という話をすると、T氏はこう答えた。 続きを読む

俳句:草


風吹けば
名も無き草に
目が向いて


長崎瞬哉

本の感想:快挙/白石一文

快挙
白石一文(著)

快挙

夫婦を題材にして、人間にとって何が「快挙」か?を問う小説。
「持ちつ、持たれつ」という夫婦を表す言葉があるが、本書からすれば、支えているようで支えられているのが夫婦というものかもしれない、と気づかされる。 続きを読む

誰かと誰かの掛け合わせ

わたしの好きな柑橘系の話をラジオ番組でしていた。

「清見」(きよみ)というオレンジに似た柑橘系は「温州みかん」と「オレンジ」の掛け合わせ。
外観が凸の形の「デコポン」は「清見」と「ポンカン」の掛け合わせ。

・・・らしい。 続きを読む