2009年 2月 の投稿一覧

英語でおすすめ料理を注文

先日、オリバー先生や職場の同僚と外国人が集うバーに行きました。
あえて店員の方に英語のメニューを持ってきてもらい、注文しようとしたのですが、メニューだけではどんな料理か分からず、私はとりあえず好きな食べ物である「トマトスライス」といったのですが、無いと言われてしまい困ってしまいました。
そのときオリバー先生が店員に使った言葉がこれです。

What do you recommend?

その時は何をいっているのか分かりませんでした。
ずっと気になっていたので、調べてみると意味は

おすすめは何ですか?

でした。
日本でも良く使う表現です。
これは憶えようと思いました。
ついでに調べてみました。

What kind of food is this?

どんな料理ですか?(メニューを指差しながら)

次回は使おうと思います。
〓武田〓

真剣さはどこから

勝田マラソンが終わってから、一度3kmほど走りましたが、勝田マラソンに出る前と出た後での走っているときの気持ちは違うものなんだ、と感じました。
出場前は去年より速く走りたいという気持ちがあるため、意識して一歩一歩走るのですが、出場後に走ったときは、周りの景色を見ながら、などの余裕が出てリラックスして走ることが出来ました。(どちらが良いということではないです)
走ることに変わりはないのですが、何か目標があってそれに向かって動いているときの方が「真剣さ」はあると思いました。
私は「くだらないこと」にあえて熱くなりたい方です。
くだらないことでも何か自分の中で目標や動機づけを行うことで、きっと心から熱く真剣になれると思います。
〓武田〓

新独占禁止法

独占禁止法という法律があります。
資本主義国家において、健全で公正な競争を維持するために定められた法律です。
この法律のおかげで、私利私欲のために企業などがサービスや製品などを独占して販売することは避けられているわけですが…
とまあ、どこかから引用したような言い回しはさておき、私はこのたび「新独占禁止法」を提案します。
それは身の回りのあらゆるものは独占してはいけないという法律です。
空気や食べ物お金などはもちろん独占しては駄目です。
親からすれば子供も独占禁止です。
恋人を独占することも禁止です。
人間には独占欲があり、独占すると一時気持ちよくなれますが、その後が大変な気がします。
他の人にとられないかと疑心暗鬼(ひぐらしの鳴く頃に?)になり、嫉妬心が芽生えます。
かっこ悪い気がしますので、やめたい部分ですね。(私自身)
独占するとそこで物事が滞(とどこお)ってしまうため、綺麗さは失われます。
川の流れのように絶えず流れていくものは、常に新鮮です。
そこにとどめて置けないからこそ、なんだと思います。
〓武田〓